蜂の巣の退治のプロフェッショナル|暮らしを守るお手伝い

素早い処置が大切

スズメバチ

8月9月は攻撃性が高い

スズメバチによる被害は毎年報告されてきます。日本には約16種類のスズメバチがいると言われ、中でもオオスズメバチが攻撃性が高いと言われています。特に8月、9月は巣の拡張期で、巣を守るために外敵への攻撃性が増します。スズメバチが敵だと認識すると、周りをしつこく飛び回ったり、アゴを噛み合わせてカチカチと鳴らしたりします。スズメバチや巣に遭遇した場合は手で払ったりせず、なるべく刺激を与えないようにしなければいけません。また、なるべく姿勢を低くし遠くに逃げるようにしましょう。 そして、前もって予防をする事で被害に遭いにくくなります。山などの巣が多そうな場所に行くときは、なるべく長袖長ズボンで素肌を出さない格好にしましょう。また、スズメバチは黒いものに反応しやすいです。黒い服は避け、帽子をかぶって髪の毛を隠すようにしましょう。

すぐに応急処置をしよう

では、いざ刺された場合はどう対処すればいいのでしょうか。まずは蜂に対してアレルギー体質ではないか確認しましょう。呼吸困難になったり、意識がもうろうとする場合はアナフィラキシーショックを起こしている状態です。生命の危険性があるため、すぐに医療機関を受診するようにしましょう。 また、刺されたら応急処置をして、被害を最小限に抑えるようにしましょう。刺されたらすぐに毒を指で押し出しましょう。そして、患部を冷やす事で毒が回りにくくなります。腫れが酷い場合は医療機関を受診して、適切な治療を行うようにしましょう。 これらの事から、スズメバチは攻撃性が高いので山などに入る時は予防を行い、出会ってしまったら刺激を与えず素早く逃げるようにしましょう。そして、万が一刺されてしまった場合には、直ちに処置を行うようにしましょう。